「私はお客様とクラシック音楽の架け橋」
ピアニスト森本麻衣の演奏活動コンセプトは揺るがない。

「200年も前に作られたクラシック音楽作品が、スマホやAIが生活に欠かせない現在でも、時を越えて人々を魅了し続けるなんて、本当に素晴らしいこと!作品を演奏できることを光栄に感じ、その感動を一人でも多くの方に伝えたい。」
キラキラと目を輝かせてそう言い切る彼女は、コンサートではトークも組み込み、分かりやすい言葉でクラシック解説も行いながら聴衆との距離を縮める。ファンも大変多く、新しいコンサートピアニストとして唯一無二の存在だろう。(インタビュー記事抜粋)


愛媛県松山市出身。
東京藝術大学音楽学部ピアノ科卒業。
東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程器楽科修了。
ドイツ国立ミュンヘン音楽・演劇大学大学院(マイスタークラッセ)修了。

イタリアで行われた第3回ロケッタ市国際ピアノコンクールと第1回マデージモ国際ピアノコンクールで第1位受賞。
帰国後、ソリストとして全国でリサイタルを展開し、国内コンクールの審査員を務める他、後進の指導にも力を注ぐ。地元愛媛県ではみんなのクラシック主催公演の音楽監修も勤める等、クラシック音楽普及と活性化のために積極的に活動。
伝統あるフコク生命パートナーアーティストに任命され日本全国でチャリティーコンサートを、TV番組やラジオ番組への依頼も多く、その活躍は多岐にわたる。
2017年東京芸術劇場にて東京ニューシティ管弦楽団とベートーヴェン/ピアノ協奏曲第3番を共演、約1300人の聴衆が来場し大成功を収める。又、テレビ朝日放送《関ジャニ∞のTheモーツァルト音楽王No.1決定戦》では強豪ピアニストを勝ち抜き見事優勝、第3回「ピアノ王」となる。
これまでにピアノを高野耀子、御木本澄子、播本枝未子、岡田敦子、ゲルハルド・オピッツ、角野裕などの各氏に師事(順不同)
現在、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校非常勤講師。ピティナ正会員。